日本語 / English

杉本・永森研究室に所属希望のみなさんへ

杉本・永森研究室での研究室ライフの紹介や、研究室に対する素朴な疑問に答えます。

ゼミについて

4年生を中心に行う全体ゼミと、各グループ毎に分かれて行うグループゼミがあります。
ゼミで主に行うことは、研究の進捗報告、論文の紹介などです。

2015年度は以下の様に進めていました。

どんな知識・技術が必要?

Webプログラミングに関する知識・技術が求められます。
使用するプログラミング言語は、RubyJavaScript、またWebアプリケーションフレームワークにはRuby on Railsを使っている学生が多いです。
その他、メタデータに関連した知識としてRDFOWLSPARQLなどについての知識が必要になります。

これらの知識・技術を身につけるため、本研究室では配属後に学生主体で勉強会を行っています。

研究室の雰囲気は?

和やか、賑やかな研究室です。留学生の方も多いので国際色も豊かです。
よく先生方や学生のお土産が置いてあることが多いので、食べ逃さないようにしましょう!
また、マンガの研究をしているだけにマンガがいっぱい置いてあります。会話にもちらほらマンガの話が...!

また、研究で分からないことがあるときは、気軽に先生や先輩に質問して下さい。いつでも待ってます!

どのくらいの頻度で研究室に来れば良い?

コアタイムは特にありません。平日は毎日研究室来る人もいれば、自宅で主に作業を行う人もいます。

しかし、なるべく研究室に毎日来ることをお勧めしています。毎日研究室に来れば、研究が行き詰まっても同期や先輩、先生から良いアドバイスがもらえるかもしれません。平日の日中(11:00~18:00ぐらい?)を目安に、毎日研究室で作業を進めるのが理想的だと思います。

研究テーマはどの様に決める?

本研究室には、大きく4つのテーマがあります。(詳しくはAboutをご覧下さい)このテーマに沿って、学生が選ぶこともあれば、先生から提案されることもあります。その他、ディジタルコンテンツの流通に関わることなど、学生からの希望があれば、それに沿って研究テーマを決めます。

学会発表などについて

学類生のうちから積極的に学会で発表することが求められます。特に大学院に進学希望の方は必須です。