日本語 / English

About

 杉本・永森研究室(MDLAB)では、ディジタルライブラリ(Digital Library)やディジタルアーカイブ(Digital Archive)を中心に、インターネット上に溢れている様々な情報資源に対し、流通・管理を目的としてメタデータを用いた研究課題に取り組んでいます。インターネット上で様々な情報資源へのアクセス性を高めることや、現在のディジタルコンテンツを将来の利用者にも利用出来るように保存することなど、多くの挑戦すべきテーマがあります。
 当研究室では、「情報を扱うための技術とそれを支える概念を理解すること」を目指し、「手を動かして何かを作ってみよう!」ということに関心を持つ学生諸君を歓迎します。

研究室概要

名称

筑波大学 知の共有基盤グループ(ディジタルコンテンツ情報基盤)杉本・永森研究室

関連研究組織

関連教育組織

What is "metadata"?

what is metadata?

 "メタデータ"とは、「data about data」、すなわちデータについてのデータのことを指します。例えば、上の図の様なラベルの付いていない缶詰めを思い浮かべて下さい。この缶詰めの中身は何でしょうか?鯖の味噌煮?それともキャットフード?答えは、缶詰めを開いてみないと分かりません。でも、きちんと缶詰めにラベルが付けられていれば、私たちは簡単に缶詰めの中身を知ることが出来ます。このラベルの様にある物について説明しているデータのことを"メタデータ"と呼びます。また、缶詰めの様に長期間保存するものは、途中でラベルが分からなくなってしまうかもしれません。ただ単純にラベルを付けるだけでなく、1年後、10年後、100年後も中身が分かるようなメタデータを付けることがとても重要になります。
 こんなことがディジタル上では頻繁に起こります。本研究室では、ディジタル上の様々なコンテンツに、メタデータを付けることで、それらを簡単にアクセス、管理を行えるようにすることを目指しています。

Research Themes

本研究室では、大きく以下の4つのテーマに取り組んでいます。

マンガメタデータ

 マンガの構造や内容を表すメタデータに関する研究です。マンガの知的内容に関する情報、マンガの表現とその構造に関する情報、書誌情報を互いに結びつけたメタデータを整備し、マンガの作成から流通までをメタデータを用いて支援します。

ディジタルアーカイブ

 ディジタルアーカイブとは、ディジタルコンテンツを長期に渡って保存し、利用者に提供するサービスです。ディジタルアーカイブのためのメタデータ(コンテンツの長期利用のためのメタデータ)やディジタルアーカイブの利用性を高めるための手法と技術に取り組みます。
 Linked Open Data技術との連携も重要な要素のひとつです。

Linked Open Dataの活用

LOD Cloud

Linking Open Data cloud diagram 2014, by Max Schmachtenberg, Christian Bizer, Anja Jentzsch and Richard Cyganiak. http://lod-cloud.net/

 近年、インターネット上に多くのデータが公開されるようになりました。中でも、相互に連携して共有出来る形で公開されたデータを"Linked Open Data"と呼びます。Linked Open Dataを利用したシステムの開発はもちろんのこと、Linked Open Data自身の利用を支援するための研究に取り組みます。

メタデータスキーマの作成支援

 メタデータスキーマとは、メタデータの設計書の様なものです。より良いメタデータスキーマを効率良く作成するための研究に取り組んでいます。また、メタデータスキーマを用いたアプリケーションの研究も行っています。